無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - |
    蛍狩り
    0

      先週のことですが、
      着物タテヨコ会のメンバーで、夜sweets(一応、名目は反省会?)。
      銀閣寺ほど近くの「GOSPEL」にて。
      GOSPELはとっても素敵な洋館。
      きものパスポートも使えます。使うの忘れたけど…

      そろそろ蛍の季節?という話題になって、
      近くなので、哲学の道へ。
      水面の反射にだまされながら、いないいないと北上していくと、
      銀閣寺付近に2、3匹。光る姿を確認。

      さらに、疎水をたどって、今出川を西へ。
      白川通を渡って、しばらくすると、蛍の群生が!!
      バスも通る五月蝿い道路沿いなのに、
      なぜ、ここに好んでいるのか不思議★

      街中でもこんなに蛍が見られるのは、京都のすごいところだねえ。

      | きものステーション | 着物タテヨコ会 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
      伊勢木綿タイムスリップ
      0

        伊勢木綿タイムスリップ

         <おまけ写真>全員きもの。 ちょっとタイムスリップしたみたい。ステキ★

          写真thanks☆ミヤシタさん!!
        | きものステーション | 着物タテヨコ会 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        きもの好きのお伊勢詣り
        0
           お伊勢詣りツアーのつづき。

          伊勢を立ち、津へ。
          伊勢木綿の織元、臼井織布さんへ。

          バスの車中、突然の大雨、ちょっと焦りましたが、
          ついたころにはポツポツ程度に止み、一安心。

          臼井織布
            臼井織布さんの建物、
            ちょっと雰囲気がありますね。

            そこに、袴男子一人。
            なんか、タイムスリップ、した
            みたいな写真だね。

            この建物の奥に、
            工場があります。

          伊勢木綿 織機伊勢木綿の織機。

          ポップな配色の反物が
          織られてました。

          「キモノなでしこvol.1」で
          モデルのエリカちゃんが
          着てたのと配色違いのだ!
          撮影現場でご一緒したので、覚えてる。
          kimono*itoshikiさんの
          レンタルきもの。

          宮崎で、染織こだまさんに
          伺ったときにも、
          この反物があったナー
          この柄、カワイイよね☆
          織り上がると、こんな感じ緯糸
           織機の
           上には、
           緯糸に
          使われている
           糸巻きが
           並んでる。


          織られると、あまり気がつかないけど、
          格子の色が紫やモスグリーン。この配色、好き!

          豊田織機の文字織機には、
          「豊田式織機株式会社」
          の文字。

          歴史の授業で習ったねー
          豊田佐吉の力織機。
          トヨタ自動車の原点。

          経緯のシンプルな平織り。
          この織機が、今も現役で、
          伊勢木綿を織る
          源になっているのだね



          | きものステーション | 着物タテヨコ会 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          きもの好きのお伊勢詣り
          0
            5/14(土)に、着物タテヨコ会の第1回企画!
            “着物好きのお伊勢参り”に行ってきました。

            週の半ば、長く続いた雨も止み、びっくりするくらいの快晴★
            日傘も日焼け止めも忘れたうっかりさんには、
            きびしいくらい爽やかな青空&薫風☆
            汗ばむくらいのおでかけ日和でした。

            朝7時半集合!早い。眠い。
            さすが着物好き!朝早くても4割がきもの姿。
            バスで、伊勢へGO!

            15年ぶりに訪れた伊勢はさまがわり!
            文字通り、門前市を成していました。
            (15年前は赤福しかなかった記憶が…年取ったってことか)

            伊勢神宮をお参り。外宮から内宮へ。
            伊勢 外宮伊勢 内宮
            内宮では、神御衣祭が行われます。
            神御衣祭とは、毎年5月14日と
            10月14日に行われる、いわば神さまの衣替え。
            松阪市にある神服織機殿神社と神麻続機殿神社で奉織された
            和妙(にぎたえ・絹布)・荒妙(あらたえ・麻布)の2種の神御衣を
            皇大神宮(内宮の御正宮)と荒祭宮にたてまつります。

            白い衣を着た神職の方々が列になり、一向は奉納する建物へ向かいます。
            2人組で衣を入れた長持をかついで運んでいきます。

            御正宮での儀式は拝見できませんが、
            荒祭宮での儀式は外から見えるので、
            その様子を見学しました。
            伊勢 荒祭宮神御衣祭

            神さまは、自分のサイズで仕立てるから、
            布と一緒に針と糸も献上するらしい。
            和妙(絹布)は女性が、荒妙(麻布)は男性が織るんだそうです。
            どんな布を織って献じるのでしょうね、
            拝見することはできないので、想像が膨らみます。

            お参りを済ませ、神御衣祭が終わったら、おかげ横丁へ!
            「すし久」で手こね寿司をいただきました。
            お買い物が済んだら伊勢を出発、伊勢木綿の織元へ向かいます。

            つづく
            | きものステーション | 着物タテヨコ会 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            絞り体験
            0
               先日、といってもだいぶ前(4/20)、
              お友達のお誘いで、絞り染めをやってみる!という集まりに参加しました。
              きっかけは「着物タテヨコ会」

              この春に、きもの好きの仲間や若手の職人さんたちと一緒に
              「着物タテヨコ会」を作りました。詳しくはブログを見てね★
              http://tateyokokai.seesaa.net/

              第1回目の企画は、5/14(土)にお伊勢さんに行く日帰りツアーで、
              神さまが衣替えをする神事を行う日に合わせて実施します。
              この神事、「神御衣祭(かんみそさい)」と言います。
              きもの好きは、きものに因むと行きたくなるでしょう!?だから、この日なの。
              もう明後日の土曜日ですねぇ。
              キャンセルが出たので、飛び込み参加できますよ!
              興味のある方、ぜひ!!!!!

              そのタテヨコ会の企画で、緊急イベント(思いつき、とも言う)!
              絞り体験が行われることになったので、ワタシもお邪魔しました。
              タテヨコ会のブログでの記事はこちら 

              ワタシは生憎仕事が押して、だいぶ遅れての参加だったのですが、
              行ってみると、参加者いっぱいで、しかもみんな凝った絞りに挑戦してる!!
              ワタシも板締めしたかったーーーーウエーン

              すぐに作業が終わりそうな、
              折りたたんでぐるぐる巻きにする絞り方をすることにしました。

              染液につけて、もみながら、10分、20分、、、
              液は熱いので、足湯ならぬ手湯のようでした。
              バケツから引き上げたら、空気に触れさせて発色を促します。
              染めてます空気にさらします


              フーさんが染めた蛍絞り(綿を使う絞り方)。
              開いてみると、絞って染め残った部分がほのかに白くてステキ★
              空気さらし中蛍を開いてみたところ

              洗うつづいて、洗います。
              洗いながら、
              絞った部分を解いていきます。

              板締め系は、
              結構カンタンに解けますが、
              縫い締め系は、
              なかなか大変です。

              それから、
              ホチキス絞りは、
              絞るのはカンタンですが、
              解くのは大変そう!でした。

              ワタシの絞ったヘビ。解くと、中は白い!!
              ヘビほどくと、こんな感じ

              干してます色止めしたら、乾かします。
              板締め系の雪花絞り
              (折りたたんで板で挟み
              輪ゴムで止める)、
              いいなあ、やりたかったなあ!
              割り箸で挟む絞りも、
              解いてみるとお花みたいになってて、
              かわいかった★

              右二つは雪花。→
              その隣りが、ワタシのヘビ。
              上から垂れ下がっているのが、蛍。



              手ぬぐいは、ワイワイ言いながら絞るにはちょうどいい大きさ。
              これを、浴衣一反分絞ろうと思ったら、ちょっと大変だなあと思いました。
              | きものステーション | 着物タテヨコ会 | comments(0) | trackbacks(0) | - |