無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    半巾帯の謎
    0
      半巾帯は、手軽に結べるから、普段着には重宝するアイテム。
      もともとは『浴衣に合わせるものです』って
      「きもの国」憲法には書いてあった気がしますが、
      今は多様性が認知されてきました、なしくずし的に。

      なしくずし?
      そうなんですよ、なしくずしなんで、変な現象が起きている。

      たとえば、ノムラテーラー(四条にある手芸&布屋さん)へ行って、
      気に入った布を選び、それで帯を作ることにします。
      透けない生地です。
      これで、名古屋帯を作ると、袷の季節に限られる。
      ところが、半巾帯を作ると、年中締められる。
      なぜ?

      あるプレタブランドの夏の新作コレクションで、
      半巾帯の人気シリーズと同一素材で京袋帯を製品化していて、
      素敵だったので、ステーションで買いました。
      でも、よくよく考えたら、この帯、夏には締められない!
      透けないし、意外と肉厚だし。
      変わり結びバージョン実物はこれ…表はパンダ縞、裏は黒の水玉
      袷用の帯として使ってます。お太鼓結びバージョン

      左)お遊びで
      結んだ三つ葉

      右)裏を使って
      ベーシックなお太鼓

      なんで、同じ生地なのに、締められないんだろう?
      そう思ったのが、半巾帯の例外性に気づいた始まり。
      半巾帯は、どういうわけか、季節をとやかく言わないんですよ。
      もちろん、麻や綿絽だったら、夏限定ですけどね。(透けるから)

      素材と季節感は大事だ!!!っていうなら、
      半巾帯だって、真夏には真夏用のものって規定しそうなところなのに、
      冬場に締める名古屋帯と同一素材のものでも、
      半巾帯なら浴衣と一緒に販売してる。おしゃれなものほど、合繊素材。
      浴衣は例外?半巾帯も例外?

      名古屋帯に比べれば、半巾帯は使ってる布の量も半分、
      身体に巻く帯の分量も半分、その分、暑くない、 かもしれない。
      でもね、実際蒸れますよ、合繊素材の半巾帯、真夏には。
      別にいいんですよ、分厚い帯でも柄や色がおしゃれなら、
      それをあえて選んで浴衣に結ぶこともある。
      でもそれは、暑さは我慢、おしゃれ優先、してのこと。

      浴衣は、きもの初心者が「きもの国」に足を踏み入れる
      第一歩でしょ?不親切じゃないか!
      せめて、「これは『暑さ我慢、おしゃれ優先』の帯です。」
      って教えてあげてほしい。
      おしゃれ」と「お値段」と「暑さ」、
      「暑さ」って重要な要素なのに、着てみるまで気づかない。
      それで、浴衣でも帯って暑いんだなーなんて、思っちゃったらもったいない。

      おしゃれ」と「お値段」と「涼しさ」、3拍子揃った半巾帯、
      作ってほしいなー 開発してほしいなー
      | きものステーション | ツンデレ | comments(2) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - |
        Comment
        2008/06/12 3:48 PM posted by: K子
        どうか、
        締めやすさもプラスしてください。
        2008/06/14 1:50 PM posted by: チーフ
        締めやすさって、帯の必須条件じゃないの?
        まあ、しかし、
        現に締めにくい帯って多いから、
        あんまり考慮されて作られてないのかもしれないねー

        じゃ、
        「締めやすさ」絶対ってことで。
        name:
        email:
        url:
        comments:
        Trackback
        http://kimonostation.jugem.jp/trackback/12