無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    京都きものの女王の仕事 その1
    0
      いよいよあと1ヶ月ほどで、京都きものの女王の活動も休止されます。
      ホームページで紹介しているとおり、1年間いろいろな活動をしています。
      昨年で約60件のお仕事をしていますね!
      10年前には30件ほどでしたから、すごい増えているのがわかります。
      女王の実行委員会がきものの女王の活動の場を広めよう
      と尽力されたのだと聞いています。
      それが全て来年はなくなってしまうので、本当に残念です。

      さて、10年前にタイムスリップして、
      わたしがどんな経験をしたかをちょっと紹介します。
      当時の新聞記事より
      左は京都新聞の記事です。
      記念式典での表彰介添え、
      ミサトさんと2人での仕事でした。
      真ん中の黒紋付羽織袴姿が
      当時の桝本市長で、
      その後で広蓋を持っている
      振袖姿がわたしです。
      公の席での仕事は何度もあり、
      市長さんや府知事さんとも
      よくご一緒しました。

      右の写真は浴衣姿の98女王4人勢ぞろい。一番右は司会の方です。
      これは、99京都きものの女王を選ぶ一次選考会のときの写真です。
      祇園祭のころに、次の年の女王を選ぶ予選が行われました。
      このとき、4人揃って審査員をしました。
      浴衣で一次審査昨年選ばれる立場だったのに、
      今度は選ぶ側になって、
      キャーキャーワーワー言いながら
      浴衣姿の応募者を
      審査させていただきました。
      300人くらいから
      100人を選ぶので、
      だんだんわけがわからなくなっていきます。
      男性の審査員の点のつけ方が甘いように感じたので、
      かなり厳しく審査したのを思い出します。
      その後、審査方法も変わり、
      予選なしで選んだり、予選・本選ともきもの(主に振袖)になったりで、
      前年度の女王が次の年の予選の審査をすることはなくなりました。
      審査するのはとっても面白かったので、
      審査しなくなったのはつまらないなと思います。

      四条河原町の交差点で次の写真も、公の仕事で、
      国勢調査のキャンペーンを
      四条河原町の交差点で行いました。
      このときは人数が多く、
      振袖姿が7人もいますね。
      97・98・99・2000の女王が一緒に
      お仕事をした珍しい機会でした。
      派遣人数が多いときや、
      現役の女王4人の都合がつかないときなどは前の年度の
      女王にも声がかかります。わたしは、98年の一年が終わった後も、
      数年間はたまーに女王の仕事に行くことがあり、
      「古い女王さん」とか言われて恥ずかしくなった覚えがあります。
      でも、そういうときに後輩たちと仲良くなることができ、
      きもの好き仲間の輪を広げるきっかけになっていったので、
      女王の先輩後輩一緒にお仕事をするチャンスに恵まれたのは
      本当にありがたいことだったなあと思い返します。
      | きものステーション | 女王ARCHIVES | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - |
        Comment
        name:
        email:
        url:
        comments:
        Trackback
        http://kimonostation.jugem.jp/trackback/185