無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    平安神宮にて
    0
      花御札をいただきにお詣りした平安神宮の境内には、
      弓道部の子どもたちの集団がいました。
      弓道のこどもたち
      弓道部
      大集合!


      平安神宮の北には
      京都市
      武道センター
      があります。
      大会の帰りかな?
      足元は足袋に雪駄も入れば、運動靴の子もいて、まちまち。
      肩から大きなバッグを提げ、もう一方の肩に弓をかけて歩いています。
      よく見ると、筒袖の白いきものに、紺の袴姿。
      袴は、男女でちゃんと違っていて、なんだか感心してしまいました。 
      男の子の袴には、腰板がついていて、
      女の子の袴にはついていないのです。
      だから、女の子は卒業式ファッションと同じ感じですね。
      女学生の袴姿は、明治に生み出されたもの。
      後の学習院女学部となる華族女学校の校長下田歌子が
      制服として葡萄茶色の襠なし袴を考案したのがはじまり。
      弓道をたしなんで、きものに馴染むというのも、カッコイイナと思いました。
      | きものステーション | ツレヅレ | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - |
        Comment
        name:
        email:
        url:
        comments:
        Trackback
        http://kimonostation.jugem.jp/trackback/251