無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    ひさしぶりに洋服、いたしかたなく
    0
       毎日、きものを着て暮らしている。
      でも、どうしても、着ていくきものがない!というシチュエーションがある。
      そのためのきものを作ろう、作ろうと思いつつ、
      人生のうちでも、そんなに着る機会もないだろう、ということで、
      先延ばしにしてきたら、不意に巡ってきて、着るものがない、という始末。
      しかたなく、洋服でお茶を濁すしかない。

      それは、不祝儀。法事のこと。
      2年前の立春前日、祖母が亡くなった。
      あの日、初めて、黒喪服に袖を通した。
      悲しみのきもの。近しい者が着る黒という色。
      そして、やってきた3回忌。
      色喪服がない。あ〜あ、わかってたのに。

      仕方なく、黒い洋服を着て、
      久しぶりにヒールのある靴というものを履いて、実家に帰る。
      実家に帰るまえに、きものの展示会に寄ったら、珍しい洋服姿に
      「はじめて見た〜。明日、雨降るんちゃう〜?」なんて言われ、
      実際、翌日、京都は雨。でも、静岡は晴れてたけど。
      実家では、昨年弟と結婚したカワイイ義妹ちゃんにも、
      「洋服姿って、すっごいめずらしいですね♪はじめて見たかも」と言われた。
      自分でも非常に違和感がございます、です。

      このままだと、もしお世話になった方が急逝されたような場合、
      着ていくものがないんだ、親族でもないのに黒喪服では参列できないし…
      色喪服としても使える色無地、計画してたんですよー。
      でも、色喪服のルールがイマイチよくわからんのだよね。
      だれか、教えてくださ〜い!

      | きものステーション | ツンデレ | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - |
        Comment
        name:
        email:
        url:
        comments:
        Trackback
        http://kimonostation.jugem.jp/trackback/262