無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    不祝儀きもの問題
    0
      黒無地の5ツ紋
      いろいろ考えてたら、気づいた。
      黒喪服はあるんだから、
      色喪帯を合わせればよかったんだ。
      色喪帯なら頼めば貸してくれそうな人いたのに。
      気づくのが遅かったな。

      色喪服の選択のポイント
      |録
      ∪乎呂斑鰐
      L罎瞭れ方と数
      ち喇以外の用途

      |録Г蓮∋膩呂いいなと思っていましたが、
       長いこと着るためには、派手すぎたらダメだし、
       でも、市川崑の『細雪』で、吉永小百合や古手川祐子が着ていた、
       かなり明るい華やかな地色にも憧れる。
       法事出席経験の多いネーサンに聞いてみると、
       緑系やクリーム、黄色系の色喪服着用者もいた! というし、
       思っている以上に、きれいな色が許されるのかもしれない…
      ∩喇にする無地は、マットな感じのちりめんだろうと思っていたら、
       意外にも、地紋入りでも着用されているとの情報(!)どうなんでしょうね?
       こないだ、撫松庵の展示会に行ったら、
       中華っぽい桃の地紋が入った袷の色無地があって、
       黒・チャコール・滅紫の3色、
       どれも、紋を入れたら、喪服になるのでは?と思う色。
       中華好きなわたし好みの桃、長寿の象徴だからOK?!
       それとも吉祥模様とみなされやすいから避けるべき?!
      やっぱり、格が高くなりすぎないように、一つ紋かな。
       白抜きだとフォーマル感高いよなぁ。
       でも、刺繍紋OKっていうのはあまり聞かないし…
       刺繍紋なら、着まわしやすいのになあ
      た無地なら、困ったときのお役立ち。
       お茶会やフォーマルだけど控えめに装うときなど、ほんとに活躍。
       一つ紋の白抜きは、どこまで使えるんだろうか、実際。

      まあ、このように、悩み続けておるわけです。答え出ず…
      | きものステーション | ツンデレ | comments(2) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - |
        Comment
        2010/02/15 12:23 AM posted by: maiko
        不祝儀キモノ計画、不謹慎ながら楽しそうですね♪
        私は、黒喪服×色喪帯より色喪服×黒喪帯の方が何となくお洒落な感じがします。
        色はチーフならきっと滅紫みたいに赤みがかったこっくりした紫がお似合いですよね!
        でも長く着ることを考えると、源氏物語じゃぁありませんが、薄い色の方がいいのかも。
        牡丹鼠とかキレイな気がしますけど…

        それと、縫い紋は銀糸なら不祝儀おけーって以前聞きましたょー
        日向紋、あんまかわいないし…
        2010/03/10 10:18 AM posted by: チーフ
        うーん、楽しそうって言われれば、そうかも、、、
        だって、もう、色喪服以外、一応、ひととおり必要なものはあるからねぇ。趣味と実用を兼ねたお買い物って、これぐらいしか残ってない…
        それに、色無地って、実は、こだわりポイントが多いから、
        いろいろ選んで作りたいでしょ。
        刺繍の銀糸はねえ、糸が和紙に巻いてあるから好きじゃないんだなあ。縫ってるうちに、剥けてくる。
        銀に見えるねずみ色の糸にすればいいかなぁ。
        name:
        email:
        url:
        comments:
        Trackback
        http://kimonostation.jugem.jp/trackback/263