無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    名刺入れ
    0
      先日、とても素敵な紳士から名刺をいただいたとき、
      「きもの姿の方だから、こちらがいいな」と言って、
      出しかけていた印伝の名刺入れをしまい、
      内ポケットから結城紬の名刺入れを取り出して
      改めて名刺をいただく機会がありました。
      きものに携わる仕事をしている者としての姿勢が感じられ、
      わたしも見習いたいなと思いました。

      しかし、きもの好きらしい名刺入れ、わたしの好みに合う名刺入れ、
      というのがなかなか両立しないのです。

      大島紬と西陣織の錦きものに因んだものでは、
      大島紬と西陣織の名刺入れ(→)
      を持っていて、
      デザインは結構好きなのですが、
      色柄が全くわたしらしくないのです。
      どちらかと言えばメンズライク、
      残念。
      アタシっぽいの
      わたしらしいデザイン優先で、
      アビニョンのタイル柄と
      ストライプのテキスタイル
      を使ってきました。
      そう言えばなぜかきものの産地では、
      染織品の活用品として名刺入れを作っています。
      ネクタイ、テーブルセンター、名刺入れは3大アイテム!
      そこで、せっかく沖縄に行くので、産地で探してみることに。
      とは言っても、なかなか好みのものに出会わないもんだなあ
      と探しあぐねて3日目、ついに見つけました。
      ミンサー
      ミンサーの名刺入れ。
      「いつ(5)の世(4)までも」の
      モチーフが入っているのも
      お気に入り。
      これからはこの名刺入れで
      いこうと思います。
      | きものステーション | 愛する小物たち | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - |
        Comment
        name:
        email:
        url:
        comments:
        Trackback
        http://kimonostation.jugem.jp/trackback/374