無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    友禅工房の五枚羽根
    0
      3月に、京友禅振興協議会の工房見学ツアーがあって、
      ちょっとびっくりしたので、ご報告!

      京友禅の工房見学も、5回も6回も行っているので、
      (手描友禅、型友禅、引染、蒸し・水洗、機械捺染、インクジェットなどなど)
      もう、そうそう驚かないだろうと思っておりましたが、
      面白いな!と思ったものに出会ったので、紹介します。

      回転する5枚羽根 これ、
       なんだか
       わかります?

       型染を染めるための
       装置なんです。
      10数メートルの板が5枚、回転するように取り付けられていて、
      板の両面に白生地が貼られています。

      これは、型染の工房の風景で、回転する5枚羽根の板を使って
      絵羽のきものをスクリーン捺染しているんです。

      通常、スクリーン捺染は小紋を染めるもので、
      1反のきものに対し、順番に連続して染めていくものですが、
      ここでは、絵羽を染めたいので、連続して染めていくことができません。
      そこで、板を回転するようにして、1枚染めたら回転、
      次の1枚の同じ場所を染めてまた回転、
      染めて回転、染めて回転、を繰り返しているのです。
      絵羽の型染絵羽の型染

      染め上がった訪問着こんな装置を作って、
      スクリーン捺染しているのは、
      ここの工房くらいだろう、
      ということでした。

      染め上がると、
      こんな豪華なきものに
      なるんですよ(→)

      効率化と細分化は、
      こういう方向にも発展したんですね。

      ここの工房は、もう1回、
      見学行きたいなと思ってます。
      | きものステーション | お勉強したこと | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - |
        Comment
        name:
        email:
        url:
        comments:
        Trackback
        http://kimonostation.jugem.jp/trackback/454