無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    浴衣要請!
    0
       旧知の新聞記者に、
      来週夕刊の歳時記欄に載せる浴衣の写真を撮りたいので、
      協力してもらえないか、との電話。
      写真部のカメラマンが京都市内をうろうろして
      浴衣を着ている観光客などいないか探し回ったそうですが、
      いるわけないでしょう?まだ6月だし、梅雨の時期だし。

      土日に撮影できるなら、ミスきものに協力要請しますけど?
      と提案させていただいたのですが、
      原稿〆切がぎりぎりなので、明日にも撮影を!
      仕方ないので、ワタシが浴衣のサクラになることに。

      夏場も含めて、もう何年も、毎日きものを着ているわけですが、
      実は、浴衣を「浴衣」として着ることはないのです。

      浴衣を「浴衣」として着ない?じゃあ、何として着るの?ってことですが、
      浴衣を「きもの」として着ているのです。

      なぜかって?
      _実未苦手
      ∩蚤が苦手
      重ね着(下に長じゅばん着る)のきちんと感が好き

      浴衣で来てね!というシチュエーションでも、
      浴衣+長じゅばんに半幅帯という感じで行っています。
      見た目には、襟元と足元が違うくらいで、そんなに相違はないので、
      特に、指摘されたことはありません。



      撮影はちゃちゃっと終了!
      「こんなに早く終わると思ってませんでした!」とはカメラマンの弁。
      歩くの、上手って、褒められちゃった★

      裾が三角にすぼまるように意識しながらゆっくり歩く、
      そう、昔、練習しましたね。
      きものショーにもたくさん出させてもらったな。懐かしい!

      撮影した日の午後、真夏日だからか、浴衣姿のレンタル観光客を発見!
      だいたい撮影したあと、見つかるもんだよねー
      そんなもんだよねー
      | きものステーション | コーディネイト | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - |
        Comment
        name:
        email:
        url:
        comments:
        Trackback
        http://kimonostation.jugem.jp/trackback/486