無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    虫愛づる姫君 〜染織教室
    0
      染織教室1日目。テーマは、
      (1)蚕の卵を育てて繭を作る方法(家で蚕を育ててみる。)

      全農のカイコ飼育セット  参加した子供たちには、
        蚕の飼育セットのプレゼント。
      卵の包まれた紙をそっと開けると

      明日ふ化する予定のセットだったのに、
      連日の猛暑のため、すでに卵から幼虫がかえっていることが判明びっくりし、
      急遽、えさを与えることに!!
      うにょうにょしてますゴマより小さい
      白い粒々が卵、
      まだ黒っぽいのは
      ふ化していないので、
      中に幼虫が入ってます。
      蟻んこよりも、もっと
      もっとちっちゃくて、
      よくよく見ないと
      なんだかわからない。

      でも、よくよく見るとウニョウニョしてる。これが生まれたばかりの蚕。
      緑の丸いのが蚕のごはん
        魚肉ソーセージみたいな
       太いチューブに入ってるのが
            人工飼料↓これが稚蚕人工飼料(シルクメイト2S)
      あんまり美味しくないらしく、うっかり生の桑の葉を与えてしまうと、
      もうこの人工飼料を食べなくなるらしい。
      生の桑の葉が家に生えてるなら、食べさせてやりたいところだけど、
      農薬がかかってたら、食べた蚕は死んじゃうからね。
      そればかりか、蚕ちゃんたちは、
      蚊取り線香や電気蚊取り、タバコ、暑さ、日光などでも死んでしまう。
      夏場に蚕を育てるなら、蚊に刺されるのはがまんだね。

      1ヶ月くらい経つと繭に 3週間ぶりの再会先行して、染織試験場の方が育てた
      蚕はちょうど繭になったところ。
      「黄白(おうはく)」という品種で、
      メスは黄色、オスは白の繭を作る。
      左の写真のとおり。
      (上は左から2・3番目、
       下は左から1・3番目がメス)
      メスの黄色い繭に濃淡があるのが
      不思議に思っていたら、
      色の薄いのは人工飼料育ち、
      色の濃いのは途中から桑の葉を与えたものだそう。
      生の桑の葉のほうが色素が強いんだろうね。
      でも、この黄色い繭も精練してしまえば、白くなってしまいます。
      3週間前の彼ら
      実はこのカイコちゃんたち、
      きもの塾のときに
      見せてもらっていて、
      3週間ぶりに再会したら、
      すっかり繭に
      引き篭ってらっしゃる。
      嫌われちゃったあっかんべー

      もう何日かすれば、
      成虫(蛾)と再会できるはずなんだけど…
      繭を食い破って出てきた成虫は見たことない。
      教室は三日間だから、明後日までに出てきたらいいなてれちゃう
      このほかにも、いろんな蚕がいっぱい。
      小石丸皇后さまも
      育ててる
      小ぶりの蚕、
      小石丸。
      俵型(落花生
      みたいにくびれ
      のある形)の
      繭ができる。
      純国産の繭で、
      扱いが難しい。
      虎蚕(体節にシマシマ)  左の虎蚕は、ぜひ
        タイガースファンに
        おすすめしたい品種です。
      姫蚕(斑紋がない)






       姫蚕は模様がなくて、お肌スベスベ↑
      | きものステーション | お勉強したこと | comments(2) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - |
        Comment
        2008/07/30 10:54 PM posted by: 土井麻衣子
        いつもブログを拝見させて頂いてるんですが、初コメントですっ
        しかも初コメントが私自身大好きな牡丹の話題ではなくあえての蚕・・・(笑

        蚕、私も育てたい!
        蚕って一年中育てられるんですか?
        それとも暑くて孵化したってことは冬の寒さには弱いんですかね?
        何にせよ蚕の飼育って楽しそうです。

        ぁ・・・そうそう、堤中納言物語大好きですよ!
        2008/07/31 12:05 PM posted by: チーフ
        マイコちゃん、コメントありがとう♪

        蚕ねー、
        マイコちゃんも平気な人なのね、
        たぶん珍しいよ。
        わたし、蚕見たい!飼いたい!って
        しばらく騒いでたんですが、
        みんな怪訝な顔でしたから。
        蚕飼うなら、ペットとして
        持ち歩かないとダメなのよね、私の場合。
        逃げないとはいえ、家に置いとけないでしょ。

        蚕は、卵を冷蔵庫から出して
        25℃くらいのところに置くとふ化するらしい。
        でも、桑の葉は落葉樹だから、
        葉が収穫できる4・5月から
        10・11月くらいまでが飼育時期で、
        それぞれ春蚕、夏蚕、初秋蚕、
        晩秋蚕、晩々秋蚕、初冬蚕って呼ぶんだって。
        蚕はストレスに弱いから、
        育てるなら、やっぱり春か秋だね。
        name:
        email:
        url:
        comments:
        Trackback
        http://kimonostation.jugem.jp/trackback/64